先輩社員の声

営業設備部 監理士(2017年中途)

営業設備部 監理士

(2017年中途入社)

「ガス工事チームの頼れるリーダーを目指して」

入社のきっかけ

2017年に中途入社しました。前職は飲食店で働いていました。実はお客様に水金工事の社員の方がいまして、水金工事で働かないかと声をかけてもらいました。大学在学中からずっと飲食業に従事していましたが、飲食業界でずっとやっていくイメージが持てず、燻っている感じもあったので、ガス業界は未経験不安もありましたが入社を決意しました。

今の仕事とやりがい

営業設備部の供給課に所属しており、ガスの本管から、ガス機器を設置する施設の敷地までの間をガス管で繋ぐ工事を専任で行う部署で監理士として働いています。現場も様々、現場で仕事をしている方々も様々、現場周辺の住人ともコミュニケーションも発生したりと、多方面で気配りは欠かせません。まだ入社して数年ということもあり、一人前の監理士とは言えませんが、なるべく早く監理士としてお客様からも、社内からも認めてもらえるように努力しています。

採用メッセージ

ガス工事の監理士を目指す方は、細かなところまで目が行き届く能力が大事になります。さらに、ミュニケーション能力も必要不可欠です。工事現場の監督として、工事士や協力会社の方々に上から目線で接することはダメですし、かと言って好き放題にしてもらうのも違います。対等な目線でコミュニケーションを取りながら、それぞれの役割を尊重して、言いたいことを言い合える工事チームのリーダーとしての監理士の役割は重要であり、とてもやりがいのある仕事だと思いますので、是非、前向きにチャレンジしてください。

営業設備部 監理士(2017年中途)

先輩社員の声一覧